Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融機関向けMITB対策「FFRI Limosa」をNTTコムウェアが独占販売

NTTコムウェアとFFRIは、マルウェアからブラウザを保護するソフトウェア「FFRI Limosa」を提供するにあたり、3月に独占販売契約を締結していたことを明らかにした。

同製品は、表示内容や通信内容を改ざんしたり、窃取するマンインザブラウザ(MITB)攻撃からのブラウザを防御するソフトウェア。FFRIでは、2012年より同製品をオンラインバンキングサービスのセキュリティ対策を強化するソリューションとして、金融機関に向けて提供してきた。

導入した金融機関などは、オンラインバンキングの利用者へ無償で提供することでマルウェア感染により被害が発生するリスクを低減できる。NTTコムウェアでは、これまでもフィッシング対策ソリューション「PHISHCUT」を提供しており、今回独占販売権を得た「FFRI Limosa」と組合せて展開していく。

(Security NEXT - 2014/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
ネットワーク対応学習リモコン向けAndroidアプリに脆弱性
「Install Norton Security for Mac」に脆弱性 - 中間者攻撃のおそれ
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
Windows、10月パッチで「KRACK」対応済み - MS「悪用可能性低い」
WindowsのDNS処理にMITM攻撃でコード実行される脆弱性 - 月例パッチで修正
「Samba」に複数の脆弱性 - 早急にアップデートを
ペアリング不要、近隣端末を「Bluetooth」乗っ取れる「BlueBorne」 - 53億台に影響か
トレンドマイクロの「ServerProtect for Linux」に複数脆弱性
4月修正のOffice脆弱性、不正送金マルウェアの拡散に悪用される