Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性

トレンドマイクロが提供するWindows版の「ウイルスバスタークラウド」に複数の脆弱性が明らかとなった。アップデート機能の実装に起因し、不正なファイルをダウンロードしてコードを実行されるおそれがあるという。

「同15」および以前のバージョンが利用する「Active Update機能」にアップデートサーバとの通信において、サーバ証明書を正しく検証しない「CVE-2020-24560」や、アップデートファイルの検証に不備がある脆弱性「CVE-2020-15604」が明らかとなったもの。

マンインザミドル(MITM)攻撃が行われた場合、細工されたアップデートファイルをダウンロードし、任意のコードを実行されるおそれがあるという。トレンドマイクロでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のスコアをいずれも「3.7」としているが、脆弱性情報のポータルサイトのJVNでは、「5.9」とレーティングされている。

脆弱性は、イエラエセキュリティの三村聡志氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。これら脆弱性は、2019年9月5日にリリースされた「同16」以降で修正済みとされており、トレンドマイクロやセキュリティ機関では、アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ