Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player」更新アラート装いマルウェア感染狙う不正広告が拡散 - 「ニコ動」でも掲載

マイクロアドが提供する広告ネットワークで、「Adobe Flash Player」のアップデートに見せかけて、マルウェアへ感染させようとする不正広告が配信された。人気動画サイト「ニコニコ動画」でも掲載されたという。

20140620_ma_001.jpg
不正広告が混入したマイクロアドの「MicroAd AdFunnel」

今回明らかとなった不正な広告は、マイクロアドの広告ネットワークである「MicroAd AdFunnel」を通じて配信されたもの。マイクロアドの提携先である米Yahoo!運営の「Yahoo! AdExchange」において、日本向け広告として配信されたものだったという。

問題の広告を表示すると、埋め込まれたスクリプトにより「このページは表示できません」などと偽の警告画面を表示。サイトの閲覧に最新の「Adobe Flash Player」が必要であるなどと騙し、偽サイトに誘導する。

誘導先のサイトは、「Adobe Flash Player」を提供するAdobe Systemsの正規サイトに酷似した悪質な偽サイトで、アップデートと信じ込ませてマルウェアをインストールさせようとしていた。

問題の広告は、6月19日0時ごろより配信されたと見られており、マイクロアドでは6月19日10時ごろに「Yahoo! AdExchange」からの広告配信を停止している。

問題となった広告は、「MicroAd AdFunnel」を採用している動画サイト「ニコニコ動画」を通じて配信されたことが判明。同サイトを運営するドワンゴでは、被害の規模などマイクロアドとともに調査を進めている。

(Security NEXT - 2014/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
個人情報保護委がJapanTaxiに指導、車内カメラの性別推定で
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
ブラウザ上で仮想通貨を発掘する「Coinhive」がサービス終了へ
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
セキュリティ製品の警告画面と思いきや単なるウェブコンテンツ - 古典的な詐欺に注意を
中学生の3人に1人、詐欺サイトへの誘導経験 - 8割は親に相談せず
Facebook、ロシア関与疑われる不正アカウントを凍結 - 100万件以上のフォロー
メール誤送信で顧客のメアド流出 - マイカースポンサー
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も