Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新gTLDと組織内「勝手TLD」の衝突に注意を - 情報漏洩などのリスクも

日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)は、組織内部のネットワークで独自にドメイン名を導入している場合、あらたに導入されるgTLDと重複する可能性があり、トラブルが生じるおそれがあるとして注意を呼びかけている。

ICANNが、あたらしい「gTLD(一般トップレベルドメイン)」の委任を2013年10月から順次開始しており、今後利用が進む一方、DNSにおける「名前衝突」のリスクが高まるとして、同センターが設置した「新gTLD大量導入に伴うリスク検討・対策提言専門家チーム」では報告書を取りまとめ、注意を呼びかけたもの。

「gTLD」は、従来22種類と限られており、TLDに存在しないドメインであれば、組織内部のネットワークで独自に「勝手TLD」を用いても、名前解決に不具合は生じなかったが、あらたに1300を超えるgTLDが追加されるため、独自に導入していたドメイン名が「gTLD」と重複し、正しく名前解決できなくなるおそれがある。

20140609_jp_001.jpg
新gTLD導入の影響(図:JPNICの資料より)

具体的には、内部サーバなどへのアクセスしたつもりが、インターネット上のサーバにアクセスするなど、利用者の意図とは異なるアクセスが生じ、サービスが利用できなくなったり、情報漏洩につながるおそれもある。

たとえば、あらたに導入されるgTLDの一部を見ただけでも、「.zone」や「.services」「.wiki」「.events」「.support」「.company」など、組織内で利用しやすいドメインも多い。「gTLD」は、今後も追加される計画で、さらにリスクが高まることが予測されており、JPNICでは注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
「BIND 9」のダイナミックDNS機能に脆弱性 - 10月の次期アップデートで対応予定
一部ルータに管理者以外がプロクシを設定できる問題 - 盗聴や改ざんのおそれ
「機密扱いで頼む」との社長メール、実は詐欺 - 日本語「BEC」見つかる
「BIND 9」にDoS攻撃を受けるおそれ - アップデートがリリース
「Knot DNS」にアップデート、複数脆弱性へ対処
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減
「Knot Resolver」に脆弱性 - DNSキャッシュポイズニングのおそれ
DNSサーバ「NSD」に脆弱性、「TSIG秘密鍵」漏洩のおそれ
6月のDDoS攻撃は前月から規模、件数ともに縮小 - 約3時間半の攻撃も