Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、情報セキュリティの研究開発戦略について意見募集を実施

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、「情報セキュリティ研究開発戦略(改訂版)」のパブリックコメント案を取りまとめ、意見募集を開始した。

同戦略は、政府の情報セキュリティ研究開発施策における中長期的なプログラム。政府は、情報セキュリティの研究開発について、国のサイバー防御能力向上や新産業創出による経済成長、国際競争力の向上など、重要な政策課題に位置付け、情報セキュリティ政策会議が決定した「サイバーセキュリティ戦略」に基づいて取りまとめられた。

具体的には、1)研究開発戦略の見直しにあたっての課題、2)今後の情報セキュリティ研究開発取組方針、3)研究開発の効果・成果を高めるための方策、4)情報セキュリティの研究開発における重要分野——について戦略に盛り込んだ。

同案に対する意見は、電子政府の総合窓口である「e-Gov」やメール、ファックス、郵送で受け付ける。締め切りは6月6日12時で、郵送に関しては同日必着となる。

(Security NEXT - 2014/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
米サイバー軍が「VirusTotal」にマルウェア検体を提供 - 民間との連携強調
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から
国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート