Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、情報セキュリティの研究開発戦略について意見募集を実施

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、「情報セキュリティ研究開発戦略(改訂版)」のパブリックコメント案を取りまとめ、意見募集を開始した。

同戦略は、政府の情報セキュリティ研究開発施策における中長期的なプログラム。政府は、情報セキュリティの研究開発について、国のサイバー防御能力向上や新産業創出による経済成長、国際競争力の向上など、重要な政策課題に位置付け、情報セキュリティ政策会議が決定した「サイバーセキュリティ戦略」に基づいて取りまとめられた。

具体的には、1)研究開発戦略の見直しにあたっての課題、2)今後の情報セキュリティ研究開発取組方針、3)研究開発の効果・成果を高めるための方策、4)情報セキュリティの研究開発における重要分野——について戦略に盛り込んだ。

同案に対する意見は、電子政府の総合窓口である「e-Gov」やメール、ファックス、郵送で受け付ける。締め切りは6月6日12時で、郵送に関しては同日必着となる。

(Security NEXT - 2014/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪商工会議所ら、中小企業狙うサイバー攻撃を実態調査 - 通信データ収集分析
経産省とIPA、セキュリティに関する情報交流の場を提供
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
IoTセキュリティのガイドラインなどを整理したハンドブック - JNSA
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
経産省、IoT社会を視野にいれた産業界向けセキュリティフレームワーク - パブコメ実施
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料