Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報589件がネット上で閲覧可能に、システムの不備で - 日本ネットワークサービス

甲府CATVを運営する日本ネットワークサービスは、機器の訪問修理を行った顧客589件の個人情報が、インターネット上で閲覧可能な状態だったことを明らかにした。

同社によれば、顧客情報を含む業務ファイルの管理システムが、5月10日14時52分から19日23時58分にかけて外部からアクセス可能な環境だったという。

閲覧可能だったのは、機器の不具合などにより訪問修理を行った顧客589件の氏名、住所、電話番号、機器不具合の内容、修理に関する情報など。

同社ではすでに修正を実施しており、現在は閲覧できない状態となっている。

(Security NEXT - 2014/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
一部商品購入者の個人情報が閲覧可能に - テニス関連サイト