Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒の名簿を修学旅行先で紛失 - 平塚市の中学校

神奈川県平塚市は、市立中学校において修学旅行中に生徒の個人情報が記載された名簿紛失を紛失したことを公表した。

5月16日10時30分ごろ、修学旅行で訪れた奈良県において、3年生1クラス分の生徒名簿が記載された旅行用冊子の紛失が判明。冊子は担任が所持していたもので、バスの中で行程を確認しようとした際に紛失に気付いたという。

紛失した冊子には、3年生1クラス32人の氏名、住所、電話番号、保護者氏名、在学中の兄弟姉妹の氏名やクラスなどが記載されていた。また、引率の教職員9人の携帯電話番号も含まれる。

同校では、対象となる生徒および保護者に対し、説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2014/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
個人情報を一般ゴミで廃棄、路上散乱 - 大阪府立高校
「高校生活支援カード」を紛失、誤廃棄か - 大阪府
個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市
個人情報紛失で中学校教諭に戒告処分 - 福岡市
県立校で指導要録などを誤って裁断 - 神奈川県
一部中学校卒業者名簿が所在不明に - 名古屋市
指導手帳を一時紛失、電車内に置き忘れ - 神戸市中学校
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 福岡市
成績情報含むUSBメモリが所在不明 - 奈良学園中