Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、Linuxファイルサーバ向けマルウェア対策の新版

カスペルスキーは、Linuxファイルサーバ向けセキュリティ製品の新版「Kaspersky Anti-Virus for Linux File Server 8.0.2.172」を提供開始した。

同製品は、Linuxで動作するファイルサーバ向けのマルウェア対策製品。仮想環境である「VMware」に対応している。新版では、スキャンタスクの優先度を設定できるようになり、パフォーマンスをチューニングできるようになった。

またアップデートエージェント機能の追加したほか、「SUSE Linux Enterprise Server 11 SP3」「Samba 4.0.x」などサポートする環境を拡充している。

(Security NEXT - 2014/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

無関係の人事情報を取得した職員を懲戒処分 - 東松島市
中部大でランサムウェア被害 - 不正ログイン後にインストールか
学生情報含む教員の私有USBメモリが所在不明に - 大阪工業大
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
「ReadyNAS Surveillance」の脆弱性に対する攻撃 - 継続的に観測
サーバログ管理ソフトにランサム攻撃の検知機能 - オレガ
NEC、IRMソリューションを機能強化 - 「OneDrive」に対応
エルテスとクロスワープ、企業の内部情報漏洩対策サービスを中国で提供
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ