Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9.10.0」に深刻な脆弱性 - 外部攻撃で停止のおそれ

「BIND 9.10.0」に深刻な脆弱性が含まれていることが明らかになった。Internet Systems Consortium(ISC)や日本レジストリサービス(JPRS)など関係機関が注意を呼びかけている。

JPRSによれば、同ソフトのプリフェッチ機能にリモートより攻撃が可能となる脆弱性「CVE-2014-3214」が含まれていることが判明したもの。兼用を含めキャッシュDNSサーバとして利用している場合に影響を受けるという。

同脆弱性はネットワーク経由の攻撃が可能で、悪用されるとサービス拒否に陥るおそれがあり、すでに同脆弱性が原因と見られる障害事例が複数報告されているという。

BINDを提供するISCでは、脆弱性の深刻度を「高」にレーティング。脆弱性を解消した「BIND 9.10.0-P1」の提供を開始している。

(Security NEXT - 2014/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
「PowerDNS Authoritative Server」にRCEの脆弱性 - アップデートがリリース
「BIND 9」にリモートより攻撃可能な脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
NTT東の一部「光ポータブル」にDNSキャッシュ汚染のおそれ - サポート終了で修正実施せず
「MQX RTOS」にRCEなど複数の脆弱性
WindowsのDNS処理にMITM攻撃でコード実行される脆弱性 - 月例パッチで修正
「Dnsmasq」にバッファオーバーフローなど7件の脆弱性
「BIND 9」に脆弱性、ゾーン情報を不正に操作されるおそれ
BINDに脆弱性や不具合が判明 - Windows版のインストーラにも