Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモV、多要素認証システム開発する英CertiVoxへ出資

NTTドコモ・ベンチャーズは、認証技術やセキュリティプラットフォームを開発する英CertiVoxへ出資したことを明らかにした。

CertiVoxでは、ソフトウェアベースの多要素認証プラットフォーム「M-Pinソフトウェア」を開発しており、同技術では、サーバにもIDやパスワードを記録することなく認証できるしくみを提供するという。クライアント側についても、追加で認証デバイスを用意する必要がなく、スマートデバイスで利用できる。

NTTドコモ・ベンチャーズでは、同社が運用するファンドを通じ、CertiVoxのシリーズBラウンドへ参加。同技術を活用することで、利便性を向上させつつ、セキュアなシステムの構築が期待されるとして、NTTグループの法人顧客向けビジネスやクラウド関連の分野への貢献に期待を寄せている。

(Security NEXT - 2014/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日商エレ、ネットワーク脅威検知のVectra Networksに出資
エルテス、デジタルリスク分野対象のベンチャーキャピタル設立
Fintech利用は20人に1人、3割超が普及に「不安」 - 情報流出やなりすまし、悪質業者参入に懸念
ソフトバンク、米Cybereasonに1億ドルの追加出資 - 筆頭株主に
「サンリオタウン」の国内登録者は約5.2万人
中間貯蔵・環境安全事業の不正通信、情報流出は確認されず
中間貯蔵・環境安全事業から外部へ不正通信 - ネットワークを遮断
富士通、新ファンド設立 - セキュリティはじめイノベーション分野に投資
「JR九州」を名乗り個人情報を聞き出す電話に注意
米McAfee、重要インフラ向けセキュリティプラットフォームを開発