Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモV、多要素認証システム開発する英CertiVoxへ出資

NTTドコモ・ベンチャーズは、認証技術やセキュリティプラットフォームを開発する英CertiVoxへ出資したことを明らかにした。

CertiVoxでは、ソフトウェアベースの多要素認証プラットフォーム「M-Pinソフトウェア」を開発しており、同技術では、サーバにもIDやパスワードを記録することなく認証できるしくみを提供するという。クライアント側についても、追加で認証デバイスを用意する必要がなく、スマートデバイスで利用できる。

NTTドコモ・ベンチャーズでは、同社が運用するファンドを通じ、CertiVoxのシリーズBラウンドへ参加。同技術を活用することで、利便性を向上させつつ、セキュアなシステムの構築が期待されるとして、NTTグループの法人顧客向けビジネスやクラウド関連の分野への貢献に期待を寄せている。

(Security NEXT - 2014/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
委託先従業員がシステムを不正閲覧、個人情報を漏洩 - 神戸市
リース返却後の内部情報入りHDDがオークションに - 神奈川県
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
SBISecSolとNECで新会社、金融機関向けソリューションを展開
スタートアップのFlatt、約2.2億円を調達
NTTコムとFFRI、高度セキュリティ人材の育成で新会社
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
デンソーとNRIセキュア、自動車向けセキュリティ対策で合弁会社
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入