Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、サイバー攻撃の初動対応時間を短縮するソフト - 検知時の対応を自動化

富士通は、サイバー攻撃を受けた際の対処を自動化するソフトウェア「FUJITSU Software Systemwalker Security Control」を提供する。

同製品では、従来は手動で対応する必要があったサイバー攻撃を受けた際の対応を、検知製品と同社の運用ノウハウを組み合わせ、自動化を実現した。

マルウェア検知から初動対応までの時間を自動化により短縮し、被害拡大を防止を支援する。エンドポイント検知、ネットワーク検知、ファイアウォール、資産管理製品などとの連携にも対応している。

また攻撃手口に対応した対処作業を標準化でき、検知製品からのアラートを切り分け、感染端末の管理者に対する対処指示を行うことが可能。同社における運用実践では、初動対応の時間を最大約97%削減できたという。

(Security NEXT - 2014/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
日立とトレンド、セキュリティ人材育成で協業 - サイバー攻撃対応研修を提供
攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
脅威や脆弱性情報の提供や対策立案を支援するサービス - CTC
受講者に則した演習環境を自動生成する「CYDERANGE」を開発 - NICT
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加