Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井住友カードの利用者狙うフィッシング - 「パスワード使い回し」不安に便乗

三井住友カードの利用者を狙ったフィッシング攻撃が発生している。一見、パスワードの使い回しを避けるよう勧める「もっともらしいアナウンス」だが、実態は情報を騙し取る悪質なメールだ。

20140501_ap_001.jpg
フィッシング対策協議会が確認したフィッシングサイト。カード番号やセキュリティコードを詐取する

フィッシング対策協議会によれば、今回確認されたフィッシングメールでは、一部インターネットショップからクレジットカードやパスワード情報が漏洩している事件が発生しているなどと現状を説明。

さらに、三井住友カードのサービスである「Vpass」のIDやパスワードを他サイトで併用している場合、悪用されるおそれがあるなどと不安を煽り、メールの本文に記載したリンクから偽サイトへ誘導する。

フィッシングサイトでは、入力フォームが用意されており、クレジットカード番号をはじめ、有効期限、セキュリティコード、生年月日、メールアドレス、ハンドルネーム、パスワードなどを入力させ、これら情報を送信させていた。

5月1日の段階で稼働中のフィッシングサイトもあり、同協議会では、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

またインターネット利用者へ誤ってIDやパスワードを入力しないよう注意を喚起するとともに、類似した攻撃を見かけたら、同協議会まで通報してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用