Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「DoS」攻撃の届出増加、NTP攻撃の踏み台で - IPAレポート

情報処理推進機構(IPA)は、2014年第1四半期の不正アクセス届出状況および相談状況を取りまとめた。28件の不正アクセスについて届け出があったという。

同機構によれば、2014年第1四半期に同機構へ寄せられた不正アクセスの届出件数は28件。前四半期から1件の減少となった。そのうち25件で被害が発生したという。

内訳を見ると、「なりすまし」が最多の10件。次いで「DoS」が7件、「侵入」が6件で続く。前四半期から「なりすまし」が目立っており、メールアカウントがスパム送信の踏み台として悪用されるケースが大半を占めた。

「DoS」は前四半期に届け出はなかったが、7件へと増加した。そのうち6件は、ネットワーク機器やサーバなどの時刻をネットワーク経由で同期するためのプロトコルである「NTP」に関するもので、大量のNTP通信を受けてサービス低下に陥ったケースや、NTPサービスがDoS攻撃の踏み台にされたケースが見られた。

同機構に寄せられた相談件数は3585件で、前期の4179件から14.2%減となった。「ワンクリック請求」に関する相談が706件、「偽セキュリティ対策ソフト」は177件、「スマートフォン」が217件、「インターネットバンキング」が69件、「ランサムウェア(身代金型ウイルス)」が13件だった。

(Security NEXT - 2014/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
LINE、捜査機関開示要請の76%に対応 - 不正アクセス関連は1%
スマートスピーカー経由の個人情報漏洩、約6割弱に危機感
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
22.8%がセキュリティ被害を届けず - 「自社内だけの被害だったから」7割
2017年4Qの不正プログラム検出数は82万件 - 「CoinMiner」の報告も
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言