Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワコールへの不正アクセス、「改ざん」と「修復」を繰り返す - 再開は4月下旬

ワコールのウェブサイトが不正アクセスにより改ざんされた問題で、同社は「改ざん」と「修復」が繰り返し行われていたことを明らかにした。同社は今回の攻撃を受けて約1カ月にわたりウェブサイトを停止し、サイトの再構築を図るという。

20140409_wa_001.jpg
不正アクセスを受け、1カ月にわたって全サイトを停止するワコール

一部サイトの改ざんが3月28日に判明したのを受け、同社では関連するすべてのサイトを停止して調査を実施しており、調査結果やサイト再開のスケジュールを公表したもの。

同社によれば、ワコールホームページにおいて、少なくとも3月10日21時過ぎから3月28日1時過ぎまでの間、改ざんと修復が繰り返し行われていたという。

ソフトウェアの脆弱性を悪用した攻撃で、改ざんされたページを閲覧した場合、外部サイトに誘導され不正プログラムがダウンロードされるおそれがあった。一方で顧客情報の流出は否定している。

改ざんが確認されたのは「http://www.wacoal.jp」のみだが、同社では安全を確保するとしてセキュリティを強化したサーバを再構築し、全サイトを移設する方針。

そのため同社グループ会社のサイトやブランドサイトの再開は4月下旬以降、通販サイトは4月末日と、1カ月にわたって全サイトを停止する。

また同社では利用者に対し、ウイルス感染の有無をチェックするよう重ねて呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス
電子書籍作成サービスに不正アクセス、作品が改ざん - ロールバックで一部データが消失
WordPressの脆弱な追加機能狙う攻撃 - サイト間感染のおそれも
長野県立歴史館のサイトが改ざん - 第三者が画像や文言を追加
阪大の一部サイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ