Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2件の脆弱性を修正した「Apache HTTP Server 2.4.9」が公開

Apache Software Foundationは、2件の脆弱性を修正したアップデート「Apache HTTP Server 2.4.9」を公開した。

今回のアップデートでは、細工が施されたCookieを読み込むことにより「mod_log_config」がクラッシュする脆弱性「CVE-2014-0098」を解消した。マルチプロセッシングモジュール(MPM)を利用している環境に影響があり、リモートより攻撃が可能で脆弱性を悪用されるとサービス拒否に陥るおそれがある。

また今回のアップデートでは、「mod_dav」に存在する脆弱性「CVE-2013-6438」についても修正を実施した。いずれの脆弱性も、「同2.4.7」を含む以前のバージョンに影響があり、脆弱性を修正した最新版となる「同2.4.9」を提供している。

(Security NEXT - 2014/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 7月初旬の更新で修正済み
「Apache Tomcat」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
RPCフレームワーク「Apache Dubbo」にRCE脆弱性
「Apache Spark」に脆弱性、アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にRCE脆弱性 - 5月公開の最新版で修正済み
「Tomcat Native 1.2.24」が公開 - OpenSSL脆弱性に対応
プロクシサーバ「Apache Traffic Server」に複数脆弱性 - いずれも「クリティカル」
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒