Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache HTTPD」に複数の脆弱性 - アップデートを推奨

「Apache HTTP Server」の開発チームは、アップデートを公開し、複数の脆弱性を解消した。アップデートを呼びかけている。

2023年6月から2024年2月にかけて報告された3件の脆弱性に対処したもの。いずれも「同2.4.58」および以前のバージョンに影響があり、重要度は中程度以下としている。

入力検証の不備により、HTTPレスポンスの分割を許す「CVE-2023-38709」や、受信した「HTTP/2」ヘッダの処理においてメモリが枯渇し、サービス拒否が生じる「CVE-2024-27316」が明らかとなった。

いずれも4段階の重要度を、上から3番目にあたる「中(Moderate)」とレーティングしている。

さらに「HTTPレスポンス」を複数のモジュールに分割する「CVE-2024-24795」が判明。重要度はもっとも低い「低(Low)」とした。

開発チームでは、現地時間4月4日にセキュリティアップデートとなる「同2.4.59」を公開し、これら脆弱性を修正。利用者にアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
中学校生徒の個人情報含む修学旅行のしおりを紛失 - 仙台市
子育て支援センターの登録者カードが所在不明 - 新潟市
案内メール誤送信で会員のメアド流出 - 生活クラブ生協
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
「Dropbox Sign」の侵害、登録セキスペ向け演習の受講者にも影響
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
ゲームイベントサイトに攻撃、出展者の掲載画像が消失
アンティーク雑貨通販サイトに不正アクセス - ジョイフル本田
ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も