Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Progress Application Server for OpenEdge」に脆弱性

Progress Softwareが提供するアプリケーションサーバ「Progress Application Server for OpenEdge(PASOE)」に脆弱性が明らかとなった。

同製品は「OpenEdge」プラットフォームが稼働する「Apache Tomcat」ベースのウェブアプリケーションサーバ。

同社は現地時間1月18日にセキュリティアドバイザリを公開し、同製品において悪意あるファイルのアップロードが可能となる脆弱性「CVE-2023-40051」について明らかにした。

「OpenEdge 12.7」「同12.2.12」「同11.7.17」および以前のバージョンが影響を受ける。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」におけるベーススコアは「9.1」、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同社は、脆弱性を修正した「OpenEdge 12.8.0」「同12.2.13」「同11.7.18」をリリース。アップデートや緩和策の実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日