Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月のフィッシング報告件数は2836件 - ゲームや金融機関装う攻撃が引き続き発生

フィッシング対策協議会は、2月におけるフィッシングの状況について取りまとめた。引き続き多数報告が寄せられており、オンラインゲームや金融機関の利用者を狙った攻撃が目立っている。

2月に同協議会へ寄せられたフィッシング報告件数は2836件。4656件で過去最多となった1月から1820件減となったが、過去2番目に多い状況だという。2013年11月から多発しているオンラインゲームや金融機関関連のフィッシングについて、2月も多数の報告が寄せられた。

また「OMC Plus」や「セゾンNetアンサー」などクレジットカード会員を狙ったフィッシングメールも確認。ISPのウェブメールを騙るフィッシングも引き続き発生している。

フィッシングサイトの公開に用いられたURLは204件。前月より339件の大幅減となった。一方フィッシングに悪用されたブランド件数は19件と、前月から3件増加している。

同協議会では、不審なメールを受け取った場合やフィッシングと判断するのに迷う場合であっても、同協議会やサービス事業者の窓口へ連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類