Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月のフィッシング報告件数は2836件 - ゲームや金融機関装う攻撃が引き続き発生

フィッシング対策協議会は、2月におけるフィッシングの状況について取りまとめた。引き続き多数報告が寄せられており、オンラインゲームや金融機関の利用者を狙った攻撃が目立っている。

2月に同協議会へ寄せられたフィッシング報告件数は2836件。4656件で過去最多となった1月から1820件減となったが、過去2番目に多い状況だという。2013年11月から多発しているオンラインゲームや金融機関関連のフィッシングについて、2月も多数の報告が寄せられた。

また「OMC Plus」や「セゾンNetアンサー」などクレジットカード会員を狙ったフィッシングメールも確認。ISPのウェブメールを騙るフィッシングも引き続き発生している。

フィッシングサイトの公開に用いられたURLは204件。前月より339件の大幅減となった。一方フィッシングに悪用されたブランド件数は19件と、前月から3件増加している。

同協議会では、不審なメールを受け取った場合やフィッシングと判断するのに迷う場合であっても、同協議会やサービス事業者の窓口へ連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説