Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、IEゼロデイ攻撃を回避する「Fix it」を公開 - 定例外パッチ提供の可能性も

米Microsoftは、「Internet Explorer」に脆弱性「CVE-2014-0322」が存在し、ゼロデイ攻撃が発生している問題で、脆弱性の影響を緩和するプログラム「Fix it」をリリースした。またセキュリティ更新プログラムの開発を進めており、定例外でリリースする可能性もある。

20140220ms_001.jpg
回避策を手軽に適用できる「Fix it」。脆弱性を根本的に修正するプログラムではないので注意が必要

問題とされる「CVE-2014-0322」は、悪用されるとメモリ破壊が生じ、リモートよりコードの実行が可能となる脆弱性。細工したウェブサイトを閲覧した場合などに攻撃を受けるおそれがある。すでに複数のセキュリティベンダーがゼロデイ攻撃を確認している。

Microsoftによれば、脆弱性の影響を受けるのは「同10」および「同9」のみに限定されており、他バージョンは影響を受けないと説明。セキュリティ更新プログラムの開発を進めており、状況によっては定例外でリリースする可能性もあるとしている。

同社は、脆弱性の影響を緩和する方法として「MSHTML Shimの回避策」の実施を挙げており、同対策を実施するための「Fix it」をウェブサイトで公開した。また「Microsoft Active Protections Program(MAPP)」を通じて、セキュリティベンダーと情報共有を進めている。

(Security NEXT - 2014/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデート準備中
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ
WordPressの人気テーマ「Divi」に深刻な脆弱性
Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起