Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

A10、対DDoS攻撃用アプライアンスを発売 - 30種類の攻撃に対応

A10ネットワークスは、DDoS攻撃対策に特化したアプライアンス「A10 Thunder Threat Protection Systemシリーズ」を2月25日より発売する。

同製品は、ネットワークをDDoS攻撃から保護することを目的としたアプライアンス。同社の「Thunder ADCシリーズ」が搭載するDDoS防御機能をもとに開発した。

マルチベクトル型のDDoS攻撃に対応。ボリューム攻撃、プロトコル攻撃、リソース攻撃をはじめ、アプリケーションレイヤーへの複雑な攻撃などを含む30種類以上の攻撃を防ぐことが可能。

ラインナップとして、最大155Gbpsのスループットに対応する「Thunder 6435 TPS」のほか、「Thunder 4435 TPS」「Thunder 5435 TPS」を用意。クラスタ構成にも対応する。価格はオープン。

(Security NEXT - 2014/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
5月のDDoS攻撃、件数は減少するも攻撃規模は拡大 - IIJレポート
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
「Interop Tokyo Best of Show Award」が発表 - 受賞セキュリティ製品は?
「UPnP」プロトコルに脆弱性、攻撃手法「CallStranger」が明らかに
EOLのマルウェア侵入対策製品がボットネットの標的に
4月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート
一部ネットワーク機器に「DDoS攻撃」や「アクセス制御回避」の脆弱性
DDoS対策専用の仮想アプライアンスを提供 - A10