Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通研、暗号化したまま検索が可能な秘匿検索技術を開発

富士通研究所は、暗号化された文字列データを復号せずに検索できる新技術を開発した。検索キーワードや検索結果も暗号化した状態を保持できるという。

今回開発したのは、暗号化したまま統計処理などの演算が行える準同型暗号の技術をベースに、文字列全体へ検索キーワードが一致するか判定する技術。

暗号化された文字列データから任意の文字列を検索することが可能。事前に検索キーワードを登録しておく必要もなく、1秒間に1万6000文字の検索を行うことができるという。

従来の技術では、検索を行う際に1文字ずつずらしながら検索語が存在するか調べる必要があったが、全体を一括して計算する手法を開発することで問題を解決した。

また検索語が文字列内に存在しているかといった結果についても復号鍵を保有する者に限られるため、遺伝子をはじめとする生化学や医療のほか、教育などプライバシー保護が求められる分野で活用できるとしている。

(Security NEXT - 2014/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
Apple、「Boot Camp」向けに脆弱性「KRACK」対策のアップデート
小学校で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 橿原市
SSL/TLSを取り巻く状況や鍵管理に関する文献調査を実施 - IPA
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
個人情報入りPCがドイツで盗難、発生は4カ月前 - 久留米大
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能