Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSSEC、台湾の中華民国情報サービス産業協会と協定を締結

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、2013年12月に台湾の中華民国情報サービス産業協会(CISA)」と協定を結んだ。

両者は、研究開発、技術や事業サービス、製造販売の面から相互に協力していくとして、今回の協定を締結したもの。それぞれの会員におけるビジネスチャンスの創造や発展などを目指す。

JSSECでは、今回の協定について、スマートデバイスの安全利用を啓発する活動指針の一環であり、国際協力の第一歩であると説明。今後はCISAを介して人材、出版、会員ビジネスの支援、イベントやシンポジウムなど交流を進める。

(Security NEXT - 2014/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

若年層6割強がセキュリティ対策ソフト未使用 - 4割弱がPW使い回し
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加