Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、セキュリティ製品やサービスを体系化 - 「セキュリティイニシアティブセンター」を新設

富士通は、セキュリティ関連製品やサービスを「FUJITSU Security Initiative」として体系化し、同分野を推進すると発表した。あらたに30名規模の「セキュリティイニシアティブセンター」を新設するという。

同社によれば、同社がこれまで提供してきた製品やサービスにくわえ、約300社が接続する同社内部ネットワークの構築や運用で培ったセキュリティのノウハウや、教育、訓練などを体系化。ラインナップの追加や強化を行った。

同分野の取り組み強化にあたっては、国内外のセキュリティベンダーや外部団体などと協力。順次ラインナップを拡充し、グローバルに展開していく。

さらに30名規模の「セキュリティイニシアティブセンター」を新設。顧客のセキュリティ環境における課題の抽出や対策の検討、システム構築、運用といったライフサイクルを踏まえ、設計や構成の妥当性検証、脆弱性などの評価分析など、サイバー攻撃対策の支援を行っていく。

20140120fj_001.jpg
「FUJITSU Security Initiative」の体系(図:富士通)

(Security NEXT - 2014/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
業務用の携帯電話を移動中に紛失 - 在宅医療コンサル会社
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒
ASUSの更新機能が侵害、マルウェア拡散 - MACアドレスで標的絞りさらなる攻撃
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
国家関与のサイバー攻撃、新型コロナ問題に便乗 - 中国のグループも
ストレッチ専門店で不適切な求人広告 - 元従業員改ざん