Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、春期情報処理技術者試験の受験申込受付を開始 - セキュリティの出題比率が増加

情報処理推進機構(IPA)の情報処理技術者試験センターは、2014年度春期情報処理技術者試験の受験申込みの受付を開始した。

現在、「情報セキュリティスペシャリスト試験」や「システム監査技術者試験」をはじめ、「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」「プロジェクトマネージャ試験」「データベーススペシャリスト試験」「エンベデッドシステムスペシャリスト試験」の受付を行っている。

標的型攻撃やウェブの改ざんなどあらたな脅威の増加や、情報セキュリティ分野の人材不足といった現状を踏まえ、今回の試験から、全試験区分で「情報セキュリティ」に関する出題を拡充する予定だ。

「基本情報技術者試験(FE)」「応用情報技術者試験(AP)」では、午前試験で「中分類11 セキュリティ」の出題比率を上げるほか、午後試験では「情報セキュリティ分野」をこれまでの選択問題から必須問題に変更。高度試験についても「中分類11 セキュリティ」を出題範囲に追加したり、出題比率を高める。

試験日は4月20日で、受験手数料は5100円。申し込みはインターネットおよび郵送で受け付ける。申込方法によって、締切日時が異なるので注意が必要。詳細は同機構のページから。

(Security NEXT - 2014/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
約6割のCISOが非役員 - 「課長級以下」も12.5%
若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始
若手エンジニア支援「すごうで2018」、急病時に役立つウェアラブル端末について開発支援