Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OTPソフト「SECUREMATRIX」の最新版を提供 - プラグインなしで利用可能に

シー・エス・イーは、トークンを必要としないワンタイムパスワードソリューション「SECUREMATRIX」の最新版を、12月20日より提供開始する。

同ソリューションは、64個の数字が並ぶマトリクス表を用いた「マトリクス認証」を用いたワンタイムパスワード製品。表の数字は毎回ランダムに表示され、ユーザーはあらかじめ決めた表の位置と順番で入力することにより、認証ごとに異なるパスワードを入力する。

最新版では、従来製品では認証時に必要だった「Flash Player」や「Java Runtime Environment(JRE)」「ActiveX」などのプラグインを利用しなくても、認証が可能になった。同機能により、アプリケーションのインストール制限がある端末でもワンタイムパスワードが利用できる。

また、「Citrix StoreFront」との連携を実現。社外からXenAppやXenDesktopなどへログインする場合の認証にワンタイムパスワードを利用する。価格は、25ユーザーで31万円から。

(Security NEXT - 2013/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
エンカレッジ、管理者アカウントの一元管理製品 - OTPの発行にも対応
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加
楽天銀、法人口座利用者向けにOTPスマホアプリを提供
OBC、「Azure」を活用したマイナンバー管理サービス
ソルクシーズ、マイナンバーを収集管理するクラウドサービス
NTTコム、1600超のサービスに対応したSSOサービス
IIJ、スマホ用無料OTPアプリ - 端末変更時の移行にも対応