Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「オフィス宅ふぁいる便」が機能強化 - 最大3Gバイトまで送信可能に

オージス総研は、大容量ファイル送信サービス「オフィス宅ふぁいる便」の機能強化を行った。

同サービスは、企業向けの大容量ファイル転送サービス。送信ファイルごとにワンタイムパスワードを発行できるほか、利用者制限機能、ファイル送信の監査機能など、セキュリティ機能を提供している。

最新版では、1回の送信につき3Gバイトまで送信することが可能。ユーザーごとにパスワードポリシーを設定できるほか、パスワードを一定回数以上誤るとアカウントをロックできる。そのほか送受信履歴の確認や、サーバ上の不要ファイルの削除に対応した。

クラウド版の月額利用料は、100ユーザーの場合、1万7850円から。別途初期費用2万1000円が必要。パッケージ版の価格は、1000ライセンスの場合、210万円。

(Security NEXT - 2013/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
CrowdStrike、「Log4j」の無料検索ツールを公開 - 複数OS向けに用意
在宅勤務時の印刷履歴が把握できるサービス - エプソン
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
「LIQUID eKYC」、「収入証明書」や「健康診断書」の撮影に対応
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東