Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャングル、G Data製Android向けセキュリティアプリの新版を発売

ジャングルは、G Data Software製Android端末向けセキュリティ対策アプリの新版「G Dataインターネットセキュリティ for Android」を12月13日に発売する。

同製品は、不正アプリ対策やアプリ権限のチェック、アプリのパスワード保護、盗難や紛失対策などの機能を備えたセキュリティ対策アプリ。

最新版では、ネット閲覧時の対策としてフィッシング詐欺サイトや不正なコードを検出する「クラウドスキャナ」を搭載した。不正アプリの検出力やユーザビリティの向上など取り組んだ。1台で1年間利用できるライセンスの価格は、2180円。

(Security NEXT - 2013/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
カードゲーム「セキュ狼」がスマホアプリに - JNSAと学生が共同開発
危険ドメインへのアクセスをDNSでブロック - ソリトン
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
IoT製品のファームウェア用脆弱性調査ツール - ソースコードに非依存
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI