Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

多重感染を引き起こすトロイの木馬が最多 - ESETランキング

キヤノンITソリューションズは、ESETがまとめた国内の2013年10月のマルウェアランキングを公開した。

同レポートによれば、10月は全体の11.2%を占めた「Win32/TrojanDownloader.Small.AAB」がもっとも検知数が多かった。感染すると別のマルウェアをダウンロードするトロイの木馬で、多重感染を引き起こす。9月は3.8%で2位だった前月から順位を上げた。

2位は、9月の首位から順位を下げた「SWF/Exploit.Agent.FE」。細工された「Shockwave」のコードを悪用して「Flash Player」の脆弱性を攻撃するマルウェア。9月中旬から増加したが、脆弱性が修正されたこともあり10月から11月にかけて減少傾向にあったという。ただし、検出される割合としては6.4%で、前月とほぼ同水準のため、引き続き注意が必要。

3位はバックドアの機能を備えたトロイの木馬「Win32/Sirefef.FY」だった。このほか、改ざんサイトに埋め込まれ、ドライブバイダウンロード攻撃を構成する「HTML/Iframe.B.Gen」や、悪意あるURLにブラウザをリダイレクトする「Win32/Kryptik.BMGC」もランキング上位に入っている。

ESETがまとめた10月のマルウェアランキングトップ10は以下のとおり。

1位:Win32/TrojanDownloader.Small.AAB
2位:SWF/Exploit.Agent.FE
3位:Win32/Sirefef.FY
4位:HTML/Iframe.B.Gen
5位:Win32/Kryptik.BMGC
6位:INF/Autorun.Sz
7位:Win32/Kryptik.BMHY
8位:Win32/PSW.Fareit.A
9位:Win32/Sirefef.FA
10位:Win32/TrojanDownloader.Small.AAN

(Security NEXT - 2013/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱