Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

多重感染を引き起こすトロイの木馬が最多 - ESETランキング

キヤノンITソリューションズは、ESETがまとめた国内の2013年10月のマルウェアランキングを公開した。

同レポートによれば、10月は全体の11.2%を占めた「Win32/TrojanDownloader.Small.AAB」がもっとも検知数が多かった。感染すると別のマルウェアをダウンロードするトロイの木馬で、多重感染を引き起こす。9月は3.8%で2位だった前月から順位を上げた。

2位は、9月の首位から順位を下げた「SWF/Exploit.Agent.FE」。細工された「Shockwave」のコードを悪用して「Flash Player」の脆弱性を攻撃するマルウェア。9月中旬から増加したが、脆弱性が修正されたこともあり10月から11月にかけて減少傾向にあったという。ただし、検出される割合としては6.4%で、前月とほぼ同水準のため、引き続き注意が必要。

3位はバックドアの機能を備えたトロイの木馬「Win32/Sirefef.FY」だった。このほか、改ざんサイトに埋め込まれ、ドライブバイダウンロード攻撃を構成する「HTML/Iframe.B.Gen」や、悪意あるURLにブラウザをリダイレクトする「Win32/Kryptik.BMGC」もランキング上位に入っている。

ESETがまとめた10月のマルウェアランキングトップ10は以下のとおり。

1位:Win32/TrojanDownloader.Small.AAB
2位:SWF/Exploit.Agent.FE
3位:Win32/Sirefef.FY
4位:HTML/Iframe.B.Gen
5位:Win32/Kryptik.BMGC
6位:INF/Autorun.Sz
7位:Win32/Kryptik.BMHY
8位:Win32/PSW.Fareit.A
9位:Win32/Sirefef.FA
10位:Win32/TrojanDownloader.Small.AAN

(Security NEXT - 2013/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
広告関連のPUAやマルウェアで検出全体の7割弱 - ESET
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発