Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2013年のスマホセキュリティを総括、来年の展望を語るイベント - JSSEC

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、11月28日に「2013年のスマートフォンの脅威と2014年の脅威予測」と題したカンファレンスを都内で開催する。

同イベントでは、カスペルスキー、ソフォス、トレンドマイクロ、マカフィーの専門家を招き、2013年のスマートフォンに関するセキュリティについて総括。2014年に発生が予測される脅威について解説する。

会場は、東京電機大学東京千住キャンパスで、定員は100名。費用は無料で、参加には事前登録が必要。イベントの詳細は、同協会ページから。

(Security NEXT - 2013/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

半数が「スマホ決済」の不正利用に不安 - ネガティブイメージ先行
啓発動画のコンテスト、再生回数や評価でも評価 - トレンド
7月のフィッシングURL、前月比約1.5倍に - 初の2000件超
「情報セキュリティ白書2019」を発行 - 無料のPDF版も
フィッシングサイトの検知が急増 - 大手キャッシュレス決済をかたるケースも
スマホ決済の利用率は27%、「LINE Pay」がトップ
3割がフェイクニュースに騙された経験 - 「見破る自信がない」7割
フィッシングURLが最多記録を更新 - 報告やブランド悪用被害も増加
「Android セキュアコーディングガイド」に中国語版 - JSSEC
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減