Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客リストを一時紛失、4日後に回収 - レオパレス21

レオパレス21は、顧客247人の個人情報が記載されたリストを、従業員が一時紛失していたことを明らかにした。リストは拾得物として警察へ届けられ、4日後に回収したという。

11月9日に大阪市内で従業員が物件オーナーや土地所有者の情報が記載されたリストを業務中に紛失したもの。その後発見できなかったことから11日に警察へ届けた。13日に警察から連絡があり回収した。

同リストには、247人分の氏名、住所、電話番号、所有物件情報、土地情報などが記載されていた。回収したリストは、紛失当時の状態で不正利用の報告についても受けていないという。同社では対象となる顧客への説明と謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2013/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
自立支援センター入退所者の個人情報を紛失 - 大阪市
患者情報記載のメモ帳を学内で紛失 - 福島県立医科大病院
委託先が顧客情報含む資料を紛失 - 中部電
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 富山大
委託先が顧客情報記載の資料を紛失 - 中部電
水道利用者の個人情報1.1万件含む端末紛失 - 稲敷市
個人情報含むUSBメモリを紛失、判明は1月 - 宇城市
保育所で児童の画像含むSDカードが所在不明に - 大阪市
患者情報含むUSBメモリを紛失、トイレで落下の可能性も - 愛媛県