Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キングソフト、セキュリティ対策ソフトの新版に独Aviraのエンジンを搭載

キングソフトは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの新版「KINGSOFT Internet Security 2014」を提供開始した。

同製品は、ウイルス対策ソフト「KINGSOFT Anti Virus」とシステム最適化ソフト「KINGSOFT System Defender」で構成されているソフトウェア。

最新版では、同社のウイルススキャンエンジンにくわえ、独Aviraのエンジンをあらたに追加。ダブルエンジンを採用することでウイルス検出率を改善したという。またフィッシングサイトから保護する「セーフアクセス」やパソコンをWi-Fiネットワークとして利用できる「テザリング機能」などをあらたに搭載した。

ラインナップは、広告モデルを採用した無料版のほか、1980円の無期限版、980円の1年版を用意している。

(Security NEXT - 2013/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
NEC、歩きながら顔認証を可能にする入退管理ソリューション
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
NEC、顔認証機能をクラウドで提供 - 顔認証ソフトの強化も
BBSS、ネット詐欺対策製品に対ランサムウェア機能を追加