Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キングソフト、セキュリティ対策ソフトの新版に独Aviraのエンジンを搭載

キングソフトは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの新版「KINGSOFT Internet Security 2014」を提供開始した。

同製品は、ウイルス対策ソフト「KINGSOFT Anti Virus」とシステム最適化ソフト「KINGSOFT System Defender」で構成されているソフトウェア。

最新版では、同社のウイルススキャンエンジンにくわえ、独Aviraのエンジンをあらたに追加。ダブルエンジンを採用することでウイルス検出率を改善したという。またフィッシングサイトから保護する「セーフアクセス」やパソコンをWi-Fiネットワークとして利用できる「テザリング機能」などをあらたに搭載した。

ラインナップは、広告モデルを採用した無料版のほか、1980円の無期限版、980円の1年版を用意している。

(Security NEXT - 2013/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
コンテナイメージのリスクを可視化する製品 - トレンド
ブランド毀損リスク対策を支援するサービス - KPMG
クラウドのセキュリティ状況を可視化するソリューション - チェック・ポイント
マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始