Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

契約者の個人情報を債権者に提供、認識不足で - 三井生命

三井生命において、契約者の債権者に対し、必要な範囲を超えて個人情報が開示されていたことがわかった。

契約者の財産を差し押さえた国や地方公共団体といった公的機関、そのほかの債権者に対し、本来提供する必要がない個人情報を同社が提供していたもの。公的機関に対しては、4634件の情報を提供。税務上の関連情報、請求払配当金引き出し後の残高、更新内容など4034人分の個人情報が含まれる。

また公的機関以外の債権者に対しても、生年月日や電話番号、税務上の関連情報、保険料振替口座など、71件68人分の契約者情報を提供していた。また契約者に対しても、債権者の口座情報20件、19人分を公開している。

個人情報が印字された契約者向けの請求書を、そのまま債権者向けに流用していたのが原因で、これまで同社では不適切な開示につながるという認識を持っていなかったという。同社では、今回の問題を受け、事務手続きを見直すとともに、システムの改定を行った。

(Security NEXT - 2013/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

融資関連など顧客情報3.7万件が流出、金銭要求する脅迫メールも - 優良住宅ローン
職員が住基システムで個人情報を業務外閲覧 - 大阪市
日本ユニセフ協会、ベッキーさんの寄付履歴を開示したとされる週刊誌報道を否定
非公開処理のミスでパブコメ提出者の個人情報が漏洩 - 文科省
承認前の求職者情報を求人施設に誤開示 - eナースセンター
保管期間満了前の申請書など約12万件を誤廃棄 - 福岡市
ジャストシステムの削除対応にベネッセ批判「一方的で原因究明難しくなる」
個人情報含む行政文書を保存期限の1カ月前に誤廃棄 - 鳥取労働局
市職員が橋下市長の戸籍を不正閲覧 - 大阪市
従業員が就職希望者の採用結果を知人に漏洩、SNSへの書き込みで判明 - クックパッド