Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、効果的な脆弱性対策について解説するセミナーを開催

情報処理推進機構は、システムの脆弱性対策について解説するセミナー「脆弱性対策の効果的な進め方」を11月22日に開催する。

脆弱性を悪用したインシデントを防止するため、システム管理者がチェックすべき脆弱性情報について解説するセミナー。セキュリティ管理部門、システム管理部門の新任者や、脆弱性対策に関心がある企業担当者など対象としている。

脆弱性攻撃の傾向、脆弱性関連情報の収集、影響分析のほか、同機構が提供するツールの活用方法などを紹介する。セミナーの会場は同機構の会議室で、参加費は1000円。定員は30名で、同機構サイトにて先着順で受け付ける。

(Security NEXT - 2013/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
総務省、公衆無線LANセキュリティの課題や対策を検討
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
JPCERT/CC、都内でアナリスト向けのカンファレンスイベント
日立ソ、エンドポイントにおけるインシデントの分析や復旧を支援
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス