Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、効果的な脆弱性対策について解説するセミナーを開催

情報処理推進機構は、システムの脆弱性対策について解説するセミナー「脆弱性対策の効果的な進め方」を11月22日に開催する。

脆弱性を悪用したインシデントを防止するため、システム管理者がチェックすべき脆弱性情報について解説するセミナー。セキュリティ管理部門、システム管理部門の新任者や、脆弱性対策に関心がある企業担当者など対象としている。

脆弱性攻撃の傾向、脆弱性関連情報の収集、影響分析のほか、同機構が提供するツールの活用方法などを紹介する。セミナーの会場は同機構の会議室で、参加費は1000円。定員は30名で、同機構サイトにて先着順で受け付ける。

(Security NEXT - 2013/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験