Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、サンドボックスと静的コード解析により未知のマルウェア検知する新製品

マカフィーは、静的コード解析とサンドボックス解析を組み合わせたアプライアンス製品「McAfee Advanced Threat Defense」を11月20日より販売開始する。

20131031mf_001.jpg
McAfee Advanced Threat Defense(ATD-6000)

同製品は、複数のマルウェア検知技術を搭載したセキュリティ対策アプライアンス。10月2日に米国で発表されたが、国内での提供を開始する。

定義ファイルやファイルレピュテーションなどの従来技術に加え、エミュレーションやサンドボックス解析と静的コード解析を搭載。未知のマルウェアについても対応する。

同社の管理ソリューション「McAfee ePolicy Orchestrator」による一元管理を実現し、「McAfee Network Security Platform」「McAfee Web Gateway」との連携が可能。

2Uサイズで、1日あたり最大25万オブジェクトまで対応する上位モデル「ATD-6000」と、1Uサイズで最大15万オブジェクトまで対応する「ATD-3000」の2製品をラインナップに用意。いずれも1GbpsのEthernetをインタフェースとして搭載している。価格は、1214万9860円から。

(Security NEXT - 2013/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイア・アイ、中小企業向けに運用保守まで含めたパッケージ
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
カスペルスキー、ITインフラ全体の情報から攻撃を検知するソリューション
TED、Trap X Security製デコイソリューションを取り扱い開始
サンドボックスなど利用したメールセキュリティサービス - NTTネオメイト
トレンド、サーバ向け製品に新版 - サンドボックス連携やアプリのホワイトリスト化に対応
ファイルやリンクの安全性を検証する「Salesforce」向けソリューション
ウェブ経由の脅威に対抗するブラウザ用プラグイン - チェック・ポイント