Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3月に発生していた個人情報の誤送信が判明 - 岸和田市

大阪府岸和田市は、障害者向け支援サービス利用者674人の個人情報含むファイルを、3月に誤って送信していたことを明らかにした。

同市では「移動支援事業者説明会」の資料を、3月15日と18日に市内外の関連事業所133カ所、および高石市以南の泉州地区7市4町の障害福祉関係課にメール送信。ところが10月23日になって、同メールを受信した他市担当者から、添付ファイルに個人情報が含まれるとの指摘があり、誤送信が判明した。

誤送信したのは、障害者向けの移動支援サービスの利用実績がある674人分のリスト。受給者と児童の氏名、生年月日、受給者番号などが含まれる。このほか、「移動支援利用者負担上限額管理票」2人分も含む。

問題判明後、同市では誤送信先に資料の削除を要請。削除済みとの回答を得たという。また対象となる受給者と児童には、謝罪文書を送付している。

(Security NEXT - 2013/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
関係者向けニュースメールで誤送信 - 国立環境研究所
イベント告知メールで誤送信 -兵庫の託児施設
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA