Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソースネクスト、公衆無線LANで盗聴防ぐ「Wi-Fi セキュリティ」

ソースネクストは、公衆無線LANにおける通信を暗号化して盗聴を防ぐコンシューマー向けソフト「Wi-Fi セキュリティ」のダウンロード版を提供開始した。

同製品は、米AnchorFreeの「Hotspot Shield Elite」を国内向けに提供するもの。VPNを利用することで、セキュリティ対策が不十分な無線LANにおける盗聴などを防止する。

またフィッシングサイトへのアクセスをブロックするフィッシング対策機能を搭載。またVPNによる接続先のサーバを、米国、イギリス、オーストラリア、日本から選択することが可能で、接続先へ本来の接続元のIPアドレスを残さないなど匿名アクセスを実現する。

「Windows」「Mac OS X」「iOS」「Android」に対応しており、同一ユーザーに限り5台まで利用できる。価格は3129円。パッケージ版は12月6日に発売する予定。

(Security NEXT - 2013/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校教諭が個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 柏市
学生の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪工業大
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 医療情報サービス会社
学生や職員などアカウント情報4.3万件が漏洩 - 法政大
堺市、PCに顔認証を導入 - 有権者情報の流出を受けて
ニコン通販サイト、12日間にわたり非暗号通信 - クレカ情報など送受信
「SQLi攻撃」で最大13万件の顧客情報が流出 - 日販グループ会社
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 埼玉県
印刷通販サイトでクレカなど個人情報が流出か - 「セキュリティコード」や「質問と回答」なども
化粧品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性