Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LPI-Japan、「Linuxセキュリティ標準教科書」を公開 - PDF版とEPUB版は無償

エルピーアイジャパンは、Linuxの技術者育成と教育のための教材「Linuxセキュリティ標準教科書」を提供開始した。PDF版とEPUB版は無償で公開している。

同教材は、サーバOSとして広く活用されているLinuxにおけるセキュリティを学ぶために最低限必要となる知識を体系的にまとめたもの。

年々高度化しているサイバー攻撃に対抗するため、セキュアなLinuxシステムを構築できるスキルを持った人材の育成が重要課題であるとして、教育機関や企業研修などで利用できるよう無償で提供する。

同法人のサイトから無償でダウンロードできるPDF版とEPUB版のほか、有料で提供されるKindle版と書籍版もある。テキストの構成は以下の通り。

1章:はじめに~セキュリティに関わる問題の原因と対策~
2章:Linuxサーバにおけるセキュリティ基本チェック
3章:iptablesによるパケットフィルタリング
4章:SELinux
5章:ACL
6章:OpenSSHによるサーバアクセスと、サーバ管理
7章:セキュリティツールによる改ざん検知と侵入検知
8章:セキュリティスキャンツールによる脆弱性のチェック
9章:WEBサーバ(apache)におけるセキュリティ

(Security NEXT - 2013/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
脆弱性緩和ツール「EMET」、2018年7月31日にサポート終了予定
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
サイト改ざんやマルウェア感染を通知するサービス - デジタルアーツ
JPRS、学習書籍「インターネットのひみつ」を小学校や図書館に寄贈 - 電子書籍も公開
FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
他社比較が可能なセキュリティレベルの自己診断ツールを更新 - IPA