Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、日本や韓国でゲリラ的な標的型攻撃を確認 - 特にMac利用者で被害が拡大

露Kaspersky Labは、欧米企業のサプライチェーンを攻撃対象とし、小規模で短期間に情報を盗み出すゲリラ的な標的型攻撃を日本や韓国国内で確認したことを明らかにした。

同社によれば、今回確認したスパイ活動は、「Icefog」や「Fucobha」と呼ばれるバックドアを利用。2011年より活動を開始しており、ゲリラ的な攻撃を積極的に展開しているという。

攻撃者は、少なくとも日本、中国、韓国の3カ国を活動拠点とし、小規模なグループで、数日から数週間という短期間に高精度で情報を窃取。盗み出したデータをコマンド&コントロールサーバへ送信すると証拠を消し去り、攻撃を停止するなど、長期にわたり潜入活動を行う従来の攻撃と異なる傾向を示している。

攻撃対象は、「軍」「造船」「海運」「ソフトウェア開発」「研究機関」「通信」「衛星」「マスメディア」と多岐にわたり、メールアカウントのログイン情報や、ネットワークなどのパスワードを標的としていた。

攻撃には、70以上のドメインが利用されており、同社ではその一部から被害の状況を調査。コマンド&コントロールサーバ内のログから、日本や韓国をはじめ、台湾、香港、中国、米国、オーストラリア、カナダ、イギリス、イタリア、ドイツ、オーストリア、シンガポール、ベラルーシ、マレーシアなど広い地域が攻撃対象となっていたことがわかったという。

またバックドアに感染したIPアドレスは4000件以上にのぼり、Mac OS X利用者において350件、Windowsにおいて数十件の被害を確認している。

(Security NEXT - 2013/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
「Flash Player」が緊急アップデート - ゼロデイ攻撃が発生
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加