Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数メーカーのブロードバンドルータ、オープンリゾルバとして悪用されるおそれ

国内で販売されている複数メーカーのブロードバンドルータが、意図せずオープンリゾルバとして動作しており、DDoS攻撃などへ悪用されるおそれがあることがわかった。

脆弱性情報サイトのJVNによれば、ブロードバンドルータの一部製品が、外部から再帰的なDNS問い合わせが行われた際に、キャッシュサーバとして動作する「オープンリゾルバ」として動作しているという。オープンリゾルバは、大量のパケットを送り付けるDDoS攻撃の一種「DNSアンプ攻撃(DNSリフレクション攻撃)」に悪用されるおそれがある。

ヤマハ、古河電気工業、NEC、インターネットイニシアティブ、シンセイコーポレーションなど、JVNでは該当製品を販売するベンダーをアナウンスしており、各社の情報を参照して対策を講じるよう注意を呼びかけている。

今回の問題は、日本レジストリサービス(JPRS)の森下泰宏氏が、JPCERTコーディネーションセンターに報告。同センターと情報処理推進機構(IPA)が、各ベンダに影響の状況を確認した。

(Security NEXT - 2013/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
「Samba」に複数の脆弱性、パッチの適用を
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
9月のDDoS攻撃、前月からやや減少 - DNSリフレクション攻撃など確認
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
「BIND 9」のダイナミックDNS機能に脆弱性 - 10月の次期アップデートで対応予定
一部ルータに管理者以外がプロクシを設定できる問題 - 盗聴や改ざんのおそれ
「機密扱いで頼む」との社長メール、実は詐欺 - 日本語「BEC」見つかる