Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1カ月で約1000件のワンクリック詐欺アプリが「Google Play」に

20130912_sy_001.jpg
不正アプリの推移(グラフ:シマンテック)

日本国内のユーザーを狙うワンクリック詐欺アプリが急増している。シマンテックによれば、8月だけで1000件を確認した。「ももエロクローバーZ」といったワンクリック詐欺サイトへ誘導するという。

同社によれば、1月から8月までに約2500件のワンクリック詐欺アプリが「Google Play」上で公開されているが、なかでもホリデーシーズンを迎えた8月には約1000件と急増したという。

20130912_sy_002.jpg
誘導先のアダルトサイト(画像:シマンテック)

こうした詐欺アプリの大半は、午後に公開されており、翌朝には削除されているが、同社が「Google Play」の統計データより試算したところ、ダウンロード回数は少なくとも8500回以上にのぼっていた。

8月に登場した最新の詐欺アプリの手口を見ると、インストールして立ち上げると、アダルトサイトのリンクリストを表示。合法的なサイトに悪質なサイトを紛れ込ませることでセキュリティ対策ソフトのチェックを回避していた。悪質なリンクはリダイレクトを利用しており、攻撃者側で誘導先を簡単に変更することも可能となっている。

そのなかには「ももエロクローバーZ」など人気アイドルグループに便乗する詐欺サイトも存在。動画を再生しようとすると、180日間の利用で9万9500円とする請求画面を表示し、金銭の支払いを要求する。また誤動作だった場合はメールや連絡で連絡を取るよう表示しているが、安易に連絡を取ると個人情報を奪われるおそれがある。

(Security NEXT - 2013/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も
「VMware Tools」に権限昇格のおそれ - アップデートがリリース
ID管理製品「RSA Identity Governance & Lifecycle」に深刻な脆弱性
高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
NEC製ルータやネットワークカメラに複数脆弱性 - 悪用には管理者権限必要
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
脆弱性緩和ツール「EMET」、7月31日にサポート終了 - 「Windows 7」環境などに影響