Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井住友銀、ネットバンキングの認証方式をOTPに統一 - 「パスワードカード」を全顧客に無料提供

三井住友銀行は、インターネットバンキングサービス「SMBCダイレクト」の本人認証方式をワンタイムパスワードに統一し、10月21日よりすべての顧客に「パスワードカード」を無料提供する。

同行では、暗証番号の詐取による不正送金対策として、2013年1月より希望者にワンタイムパスワード生成機を無料で提供し、暗証カードを使った乱数表方式と併用することでセキュリティ強化を図ってきたが、今回、さらなる強化策としてカード型ワンタイムパスワード生成機「パスワードカード」を導入するもの。

振込などの重要取り引きや住所変更などを行う際の認証方式をワンタイムパスワードに統一する。ネットバンキングの新規契約者、および切り替えを希望する利用者には無料でパスワードカードを提供する。ただし再発行は有料。現行の認証方式も当面利用できるが、一定期間経過後に廃止する予定。

(Security NEXT - 2013/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ
石油産業における実在の攻撃を踏まえたボードゲーム形式の演習サービス
銀行狙わぬ「バンキングトロジャン」も - 標的はクレカやアカウント、仮想通貨も
SMSで訴訟ちらつかせる偽アマゾン - プリカ番号やコンビニ払いを要求
クレカ被害、番号盗用の割合が8割超に - カード偽造被害は5.6%
2017年4Qのクレカ不正使用被害は59.6億円 - 2017年は前年比約1.7倍に
2018年1Qの不正送金被害は1.8億円 -被害額は個人で倍増、法人は54分の1に
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
顧客情報含む書類が所在不明、誤廃棄か - 青森銀