Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SIPサーバに対する攻撃が増加 - 脆弱なサーバを踏み台に辞書攻撃

JPCERTコーディネーションセンターは、VoIPに用いられるSIPサーバに関するインシデント報告が複数寄せられているとして注意を呼びかけた。

同センターによれば、SIPサーバが不正利用されたり、SIPサーバを狙う攻撃ツールがサーバに設置されるといったインシデント報告が同時期に寄せられたという。

同センターのインターネット定点観測システム(TSUBAME)では、SIPサーバを探索するパケットの増加を検知しており、警察庁でも同様にサーバを探索するアクセスの増加を観測している。

こうした攻撃の動きと重なるように、IP電話のアカウントが乗っ取られ、海外電話などに悪用される被害も発生しており、7月には電気通信事業者協会(TCA)が注意喚起を行ったばかり。

同センターによれば、一連の攻撃では、脆弱性が未解決であったり、パスワードの設定が甘いサーバが踏み台として利用されているという。

侵入を許したサーバには、インターネットで公開されているSIPの脆弱性検証ツールを改造した攻撃ツールが設置され、SIPサーバを探索。サーバを見つけると辞書攻撃を行い、SIPアカウントを窃取するという。

同センターでは、こうした攻撃が引き続き発生する可能性が高いと警告。SIPアカウントのパスワードについて、デフォルトやIDと同じなど脆弱なパスワードを避け、強固なパスワードを設定することや、SIPサーバに対するアクセス制御など講じるよう対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
東京海上日動、中小企業向け包括保険でサイバーリスクに対応 - 申告書不要
教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
IoTセキュアGWの実証実験、有効性確認の一方で誤検知も - 総務省
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表