Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「標的型メール攻撃対策に向けたシステム設計ガイド」を公開

情報処理推進機構(IPA)は、標的型攻撃の全体像や特徴、システム設計による対策法をまとめた「『標的型メール攻撃』対策に向けたシステム設計ガイド」を公開した。

同ガイドは、メールを用いた標的型攻撃について、攻撃の背景や攻撃シナリオ、対策の重要性、システム設計について解説した資料。全70ページのPDFファイルで、同機構のサイトから無料でダウンロードできる。

対象読者として、ネットワークやサーバ、業務システムの管理者、システムインテグレータ、システム発注者などを想定。同機構が2011年に公開した「『新しいタイプの攻撃』の対策に向けた設計・運用ガイド」の続編に位置付けており、その後の情勢を反映した。

同ガイドでは、標的型攻撃の全体像や特徴を解説。その上で内部侵入後に行われる攻撃者によるインフラ構築、内部ネットワークの情報収集、機密情報の窃取やシステム破壊などを防止するシステム設計について重点的に紹介している。

(Security NEXT - 2013/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
2018年度下半期の標的型攻撃相談は258件 - メール以外で侵入されたケースも
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
「データ破壊」狙うイランのサイバー攻撃が増加 - 米政府声明
カンファレンス「JSAC 2019」の講演動画がYouTubeで配信開始
約7割が標的型攻撃への訓練実施 - 管理者3割「開封が評価に影響」
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験