Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、オンラインストレージサービスにデータの自動バックアップオプション追加

インターネットイニシアティブは、オンラインストレージサービス「IIJドキュメントエクスチェンジサービス」に、データを遠隔地に自動バックアップする「DRオプション」を追加した。

同サービスは、大容量ファイルを共有するオンラインストレージサービス。ファイルアップロード時のウイルスチェックなどセキュリティ機能を標準で搭載している。

今回追加したのは、ディザスタリカバリ対策となるオプション。保管した顧客のデータを、西日本に設置したバックアップサイトに1時間ごとにコピーする。大規模災害などで東日本のプライマリサイトのサービスが停止しても、自動的にシステムを切り替えてバックアップサイトでサービスを継続することで、データの損害を最小限に抑える。

また、メールセキュリティ機能を提供する「IIJセキュアMXサービス」と同サービスを併用することで、メール添付ファイルを自動的にオンラインストレージにアップロードできるが、同オプションではこの添付ファイルも自動バックアップの対象としている。

価格は、最低契約容量が100Gバイトの「GBパック」が100Gバイトあたり月額2万1000円。最低契約容量が1000Gバイトの「TB」パックが、100Gバイトあたり月額1万2600円。いずれも初期費用は不要。

(Security NEXT - 2013/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業向けクラウドバックアップサービス2種を開始 - Arcserve Japan
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援