Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

人気動画ダウンローダーにDDoS攻撃用コンポーネント - 国内利用者も多数

人気ダウンロードソフト「Orbit Downloader」に、DDoS攻撃用のコンポーネントが含まれていることがわかった。ESETが指摘したもので、日本国内でも利用者が多く、多数検出されているとして注意を呼びかけている。

問題の「Orbit Downloader」は、Innoshockが開発するWindows向けの無料ソフトウェア。ウェブブラウザのプラグインとして動作し、動画サイトから動画をダウンロードできるとして人気を得ている。

ESETによれば、同ソフトを解析したところ、一部のバージョンに、外部からの遠隔操作によりDDoS攻撃のひとつである「TCP SYNフラッド攻撃」を仕掛けるコンポーネントを備えていることを発見。同社がテストを実施したところ、発信元のIPを偽装し、HTTPの接続要求として、1秒当たり約14万パケットを送信したという。

開発元であるInnoshockは沈黙しており、コンポーネントを故意に含めたのか、何者かによって混入されたものかはわかっていない。ESETでは、同ソフトをトロイの木馬「Win32/DDoS.Orbiter.A」として対処。これを受け、「Softpedia」「Softonic」など海外の著名ダウンロードサイトでは、配信を中止した。

またESETの調査では、「Orbit Downloader」は、ワールドワイドで検出されているが、特に日本国内において多数検出されているという。「Softonic」の日本法人であるソフトニックでは、公開を中止しておらず、人気ソフトとしてブログで紹介されているケースも多いため、注意が必要となっている。

(Security NEXT - 2013/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
2018年11月のDDoS攻撃、約1割減 - 前月上回る規模の攻撃も
DDoS攻撃の「自動緩和機能」を提供 - NTTコム
ウェブサーバを踏み台とした「リフレクション攻撃」を観測 - 悪意ある「SYNパケット」に注意
DDoS攻撃が前月比1割増、規模は縮小 - 4時間継続した攻撃も
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
9月のDDoS攻撃、前月からやや減少 - DNSリフレクション攻撃など確認
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに