Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人向けESET製品、「Windows XP」を2017年2月までサポート

キヤノンITソリューションズは、ESET法人向けライセンス製品「ESET Endpoint Protectionシリーズ」の2製品について、「Windows XP」のサポートを2017年2月末まで延長すると発表した。

サポート期間延長の対象となるのは、ESET法人向けライセンス製品「ESET Endpoint Protection シリーズ」の「ESET Endpoint Security」と「ESET Endpointアンチウイルス」の2製品。Windows XPのサポートを少なくとも2017年2月末まで延長し、その後は状況に応じてさらに期間延長する可能性もあるとしている。

「Windows XP」は、2014年4月9日にマイクロソフトによるサポートが終了する予定だが、OSの移行に時間がかかることが予想されるとして、同日以降も両製品については引き続きサポートを提供する。

サポート範囲は、最新ウイルスへの対応、ウイルス定義データベースのアップデート、電話やウェブフォームによる問い合わせなど。OSにあらたに脆弱性が発見された場合、対応できない場合もあるとしている。

(Security NEXT - 2013/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Petya」も狙う「MS17-010」の脆弱性、少なくとも4000万台弱の未修正端末が稼働
MS、「Windows XP」などサポート終了OS向けに緊急パッチ - LAN内端末狙う「WannaCrypt」対策で
MS、国家関与などで脅威高まる脆弱性を公表 - 旧OSにパッチ供給、ゼロデイ脆弱性にも対応
サポート終了「IIS 6.0」の脆弱性を狙う攻撃を観測 - ただちに対策を
「WannaCrypt」の復号キーをメモリから取得する「WannaKey」
「WannaCrypt」感染の9割超が「Windows 7」- 「Windows 10」でも
MS検証ツールにゼロデイ脆弱性、セキュリティ対策ソフトの制御奪取に悪用可能
4月に「Windows Vista」がEOL - 「Windows 7」終了まであと3年
「Windows 7」からのOS移行、2割がEOLにまにあわない可能性
「Chrome 50」の安定版がリリース、セキュリティ上の問題20件を修正