Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性攻撃サイトへのアクセス数が約3.4倍に - サイト改ざんによる誘導で急拡大

改ざんされたウェブサイト経由で、脆弱性を攻撃する不正サイトに誘導されてしまうケースが急増している。トレンドマイクロによれば、2013年第2四半期は、前期比約3.4倍に膨れあがった。

同社が2013年第2四半期の脅威動向について取りまとめたもの。2013年第2四半期はサイト改ざんが大幅に増加し、それにともない日本国内ユーザーが脆弱性攻撃サイトへ誘導されてしまう被害が増加したという。

同社が、クラウド基盤で検知した脆弱性攻撃サイトへのアクセス件数をまとめたところ、4月から6月までの3カ月間に187万4474件を検知。前四半期の54万5464件から約3.4倍へと急増した。

同四半期に発生した改ざん攻撃は、被害規模などから2009年から2010年にかけて頻発した「Gumblar攻撃」と比較されるケースが多いが、同社は、改ざんするためにサーバへ侵入する手法に大きな変化が見られると指摘。

従来は管理用端末に対してウイルスが感染し、FTPアカウントが乗っ取られることにより改ざんするケースが多くを占めたが、最近の攻撃では脆弱性攻撃の方が割合が高く、ブルートフォースによるアカウントの乗っ取りといった手口も発生したと説明する。

脆弱性が狙われるシステムも、「WordPress」「Joomla!!」といったCMSをはじめ、サーバ管理ツール「Parallels Plesk Panel」、フレームワーク「Apache Struts 2」に拡大しており、脆弱性対策やアカウント管理の徹底、改ざん検知など対策を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

改ざん起因の「Webmin」脆弱性に対するアクセス観測 - JPCERT/CCまとめ
「vBulletin」狙った改ざん攻撃 - 他攻撃者のコード実行は制限
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
コード改ざん起因の「Webmin」脆弱性を狙うアクセスを観測
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
ウェブ経由の検知、「Trojan.JS.Redirector」が半数超 - 改ざん被害の多くでWP利用