Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、スマートデバイスの運用管理を代行する企業向けサービス

KDDIは、スマートフォンやタブレットなどスマートデバイスの運用管理を代行する企業向けサービスを、7月31日より提供開始する。

「KDDI デバイスマネジメントパック」は、スマートデバイスの導入時の一括設定や、導入後の運用管理を同社が代行するサービス。スマートデバイスのセキュリティ対策と管理強化を実現する「KDDI Smart Mobile Safety Manager」のMDM機能により、セキュリティ設定やアプリ管理機能などを提供する。

紛失や盗難時の遠隔操作によるロックや初期化、au回線限定の通話停止措置などセキュリティ措置を代行。「KDDI ビジネスオンラインサポート」から申し込んだauスマートデバイスについては、「KDDI Smart Mobile Safety Manager」の利用設定やデバイス機能制限など、セキュリティポリシーに関する設定を行ってから届ける。

また、同社が代行した作業を月次レポートにまとめて提供するほか、操作やサービスに関する問い合わせや、端末の故障にも対応する。

利用料金は、1台あたり月額490円。ウイルス対策やバックアップ、インターネット接続管理、メッセージ通知などのオプションサービスも、必要に応じて申し込める。

(Security NEXT - 2013/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
セキュリティeラーニングをテレワーク支援で割引 - ラック
セキュ対策などテレワークに必要な機能のパッケージ
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド