Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

申請者の個人情報含む課題申請書ファイルが閲覧可能な状態に - 科学技術振興機構

科学技術振興機構は、課題審査のため評価委員が使うウェブ評価システムにおいて、申請者の個人情報含む課題申請書が、評価委員以外からも閲覧可能な状態だったことを明らかにした。

同機構によれば、システムのサーバを立ち上げた2011年10月からサーバを停止した2013年7月24日にかけて、PDFとして保存されていた課題申請書へ外部からアクセスできる状態だった。7月24日、一般利用者から指摘があり判明したという。

同評価システムでは評価委員のみにURLを通知し、IDとパスワードを入力することで、担当課題が閲覧できるしくみだったが、検索サイトなど外部からのアクセスを想定しておらず、アクセス制限を講じていなかった。

閲覧されたのは、課題申請書27件で、申請者の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、研究者の略歴、研究内容などが含まれる。期間中に38件のアクセスがあったという。

同機構では対象となる申請者に対し、個別に連絡を取り、謝罪している。

(Security NEXT - 2013/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

入試情報サイトで個人情報が閲覧可能に - 京都精華大
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
音楽教室の顧客情報がネット上に流出 - 宮地楽器
人事採用管理システムのバックアップが外部から閲覧可能に - パーソルキャリア
仲介事業者情報へ外部からアクセス - 飯田産業
メルカリの他利用者情報の誤表示、複数条件揃う必要
職員採用試験で受験者本人以外の全受験票を誤交付 - 静岡県
メルカリで他利用者情報が閲覧可能に - CDNプロバイダ切替で
ピアノコンクールサイトで申込者の身分証明書など閲覧可能に - 河合楽器
似顔絵コンテスト応募者の個人情報が閲覧可能に - 山口街中