Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2012年第2四半期の標的型攻撃は64件 - J-CSIPまとめ

情報処理推進機構(IPA)は、サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)における2013年第2四半期の活動レポートをまとめた。

J-CSIPは、標的型サイバー攻撃に対抗するため、官民連携の情報共有を目的として2011年10月に発足した組織。重要インフラや製造業など約40社が参加し、検知された攻撃情報を、秘密保持契約のもと参加組織で共有、セキュリティ対策へ活用している。

同四半期における参加組織からの報告は74件。参加組織に対しては55件の情報提供を行った。2012年度における四半期あたりの報告数は62件で、やや増加傾向にある。

同四半期の報告74件のうち、標的型攻撃は64件。送信元は「メキシコ」が25%で最多。「日本(14%)」「米国(8%)」が続く。41%は送信元がわかっていない。

半数は添付ファイルを用いた感染活動。42%はメールアドレスの存在確認など、情報収集を目的としたものだった。リンクによる誘導は3%と少ない。

ファイルの種類を見ると、81%が実行ファイル。26%は、文字列を左右反転させ、表示する拡張子を隠蔽していた。残り19%は、Officeファイルとなっている。

マルウェアの不正接続先の地域を見ると、「イタリア」が32%でもっとも多く、「中国(20%)」「米国(18%)」「香港(15%)」が続く。日本に接続するケースもわずかだが確認された。

(Security NEXT - 2013/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
標的型攻撃、「圧縮ファイル」利用が前年比2.5倍に
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
標的型攻撃相談、2019年度上半期は221件 - 80件でレスキュー支援
2019年3Qの標的型攻撃メールは113件 - 9割はプラント関連
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響